カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

甘酒の作り方2

魔法瓶で超簡単、おいしい甘酒の作り方

糀と残りご飯で、簡単で本格的な甘酒を作ります。昔運動会に持って行った魔法瓶を使って、簡単に甘酒を作ることができます。飲む点滴と言われる甘酒をおいしく造りましょう。 ご飯も手抜きで残り物を使います。
でも本物のおいしい甘酒が 、超簡単にできてしまいます。

材料 甘酒の作り方01
 糀 約400g 山田鶴亀本店の糀850g入りの半分くらい
 ご飯 お茶碗に軽くいっぱい
 水 900ml
用意する物
  魔法瓶(1.5Lのもの)、温度計
  鍋、ふきん、ペットボトルで作った漏斗

手順
1,糀をほぐして魔法瓶に入れる 
甘酒の作り方1

参考時刻:1日目午後4時頃開始
あらかじめ70度位のお湯で魔法瓶をあたためておきます。

お湯を捨てた魔法瓶に糀約400gをよくほぐして入れます。

口が小さく入れにくい場合は、ペットボトルを 半分に切って漏斗を作りましょう。

2,60度の湯冷ましを作ります
甘酒の作り方2

900mlのお湯を一度沸騰させて、60度まで冷ませます。
雑菌が入るのを防ぐためです。

3,お湯を魔法瓶に入れます
甘酒の作り方3

先ほどの湯冷ましを魔法瓶に入れます。
60度より熱いと発酵がうまくいかず、甘さが減ってしまします。

魔法瓶が小さい場合は、ご飯を入れても余裕がある程度にお湯をひかえてください。(振ったときに混ざりやすくなるように)

4,ご飯も入れます
甘酒の作り方4

60度に暖めたご飯を入れます。
冷たいご飯は入れないでください。

5,よく混ぜます
甘酒の作り方5

魔法瓶を振ってよく混ぜます。
必ずフタをしてくださいね。
振った後は少しフタを緩めておいてください。

6,発酵を待ちます
甘酒の作り方6

参考時刻:1日目午後4時30分頃

五〜八時間そのままおきます。

※保温の温度が40度を下回ると酸っぱくなります。
今回最初に魔法瓶を温め忘れたので、すこし酸っぱくなりました。
でもこれくらいは大丈夫。

7,魔法瓶から取り出して冷まします
甘酒の作り方7

参考時刻: 1日目午後11時頃

魔法瓶から鍋に取り出します。
くっつきやすいので一気に取りだしてください。

8,一晩寝かせます
甘酒の作り方8

常温で、ふきんを掛けて一晩ほど冷ましてください。

まだ少し酸っぱいです。

9,鍋でで暖めます
甘酒の作り方9

参考時刻:2日目午前8時頃

 弱火でゆっくり60度まで温めてください。
 この頃には糀やご飯はだいぶ溶けています。
 酸っぱさは無くなりました。
 後は余熱を取ってください。

10,できあがり
甘酒の作り方10

参考時刻:2日目正午頃

 温め直しても、冷やしても美味しい本物の甘酒のできあがり。
 少量の塩やおろしたショウガなどを入れても美味しいです。

 保管は冷蔵庫で冷やしてください。

 魔法瓶が小さくてお湯をひかえた場合は8,で温める前に残りを加えてください。

 残った糀は冷蔵庫で保管してください。(塩糀にするのもいいですよ。)

  

 魔法瓶によって保温力に差があります。前もって60度のお湯の温度変化を確認しておくことをお勧めします。

甘酒、塩麹を作られる際は、ぜひ当店の糀(生麹)をご利用ください。
糀(生麹) 850g入り¥670 大好評!!

関連商品

糀(生麹) 850g入り

670 円(税込)
当店の糀は徳島県産米をつかった手作りの生糀です。

糀(生麹) 400g 送料込み

700円(税込)
当店【作ってみませんか】にあわせた400gの糀です。

糀(生麹) 400g×2 送料込み

1,030 円(税込)
当店【作ってみませんか】にあわせた400gの糀2個入りです。

糀(生麹) 1Kg

780 円(税込)
徳島県産米をつかった手作りの生糀です。
1kgです。

糀(生麹) 1升(1.5Kg)

1,100 円(税込)
徳島県産米をつかった手作りの生糀です。
1升分(1.5Kg)です。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ はじめまして。 普段使・・・

はじめまして。
普段使っている名前と同じお店で、お気に入りの甘酒作りの作り方を見つけて感動して書き込ませていただきました。

とても詳しい作り方で分かりやすかったです。

時間が出来たらこちらの麹で作ってみようと思います。
東京鶴亀 | 2013-02-21 23:03 |
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100012580&eid=6